2008年05月04日

Fedoracore 8 にsamba

メモ。

ファイル転送のためにFedoracore 8 にsambaを入れました。
Webdavにしようかと思いましたが、てっとり早い方で。

1 Sambaをインストール

1.1 とりあえずsambaの何が入ってるか確認

[root@localhost ]#rpm -qa | grep samba
samba-client-3.0.26a-6.fc8
samba-common-3.0.26a-6.fc8

1.2 Fedoracore8のメディアをマウントして、samba関連のファイルを調べる。

[root@localhost ]#mount /media/cdrom
[root@localhost ]#cd Packages
[root@localhost Packages]# ls *samba*
ls *samba*
samba-3.0.26a-6.fc8.i386.rpm
samba-client-3.0.26a-6.fc8.i386.rpm
samba-common-3.0.26a-6.fc8.i386.rpm
system-config-samba-1.2.58-1.fc8.noarch.rpm

1.3 sambaをインストールする

[root@localhost Packages]# rpm --replacepkgs -Uvh *samba*
準備中...                ########################################### [100%]
   1:samba-common           ########################################### [ 25%]
   2:samba                  ########################################### [ 50%]
   3:samba-client           ########################################### [ 75%]
   4:system-config-samba    ########################################### [100%]

[root@localhost Packages]# rpm -qa | grep samba
samba-client-3.0.26a-6.fc8
samba-3.0.26a-6.fc8
samba-common-3.0.26a-6.fc8
system-config-samba-1.2.58-1.fc8

2 samba構成ファイルを編集

samba構成ファイル:/etc/samba/smb.conf 

emacs で編集しました。
Ctrl+sで検索できます。
-------------------------------
[global]
   unix charset = UTF-8   <-- Linux日本語文字コード
   dos charset = CP932    <-- Windows日本語文字コード
   display charset = UTF-8 <-- Linux日本語文字コード

   workgroup = MYGROUP
   ↓
   workgroup = WORKGROUP   <--- Windowsワークグループ

;   hosts allow = 127. 192.168.3. 192.168.4.
   hosts allow = 127. 192.168.xxx.  <--- xxxは ifconfigコマンドで調べる

[public]のコメントを解除

[public]
   comment = Public Stuff
   path = /home/samba
   public = yes
   writable = yes
   only guest = yes

3 sambaユーザを作成

3.1 ユーザsambaを作成

[root@localhost home]# /usr/sbin/useradd samba
[root@localhost home]# passwd samba
Changing password for user samba.
新しいUNIX パスワード:
新しいUNIX パスワードを再入力してください:
passwd: all authentication tokens updated successfully.

2.2Linuxに作成済みのユーザ(samba)を、sambaアクセス用のユーザとして登録

[root@localhost home]# pdbedit -a  samba
new password:
retype new password:
Unix username:        samba
NT username:         
Account Flags:        [U          ]
User SID:             S-1-5-21-4200659613-862272429-1633568726-1000
Primary Group SID:    S-1-5-21-4200659613-862272429-1633568726-513
Full Name:           
Home Directory:       \\localhost\samba
HomeDir Drive:       
Logon Script:        
Profile Path:         \\localhost\samba\profile
Domain:               LOCALHOST
Account desc:        
Workstations:        
Munged dial:         
Logon time:           0
Logoff time:          never
Kickoff time:         never
Password last set:    金, 11  4月 2008 21:15:50 JST
Password can change:  金, 11  4月 2008 21:15:50 JST
Password must change: never
Last bad password   : 0
Bad password count  : 0
Logon hours         : FFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFF

3 FedoracoreのFirewallを無効にする。


Firewallが有効になってると、外部マシンからアクセスできないので、無効にしておく。

[root@localhost home]# /etc/init.d/iptables stop
ファイアウォールルールを適用中:                            [  OK  ]
チェインポリシーを ACCEPT に設定中filter                   [  OK  ]
iptables モジュールを取り外し中                            [  OK  ]
[root@localhost home]# /etc/init.d/ip6tables stop
ファイアウォールルールを適用中:                            [  OK  ]
チェインポリシーを ACCEPT に設定中filter                   [  OK  ]
ip6tables モジュールを取り外し中                           [  OK  ]



Windowsのエクスプローラからアドレスを叩いて、sambaユーザとパスワードを入れればOK。

タグ:samba FedoraCore
posted by aprico* at 13:50| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


□本家サイトhttp://cockydog.web.fc2.com/
□ソフトウェアに関するコメント(バグ、アドバイス、叱咤激励etc)はこちらまで

by apricoworks
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。